肌が汚いときにできることは?原因は?オススメの対策方法は?

肌が汚いときにできることは?原因は?オススメの対策方法は?

投稿日:

女優のように透明感と清潔感が溢れた肌を目指して毎日入念にケアを行っているのにも関わらず、一向に改善される事なく汚い状態が続いてしまい、結果的に自分自身に自信が持てず行動や恋愛に消極的になっている女性は少なくありません。

しかも、今日ではスキンケアを施すのは女性のみに関わらず男性も例外ではない事から、男性であっても肌が汚い事が原因で自信喪失してしまっている方が増えています。

そのように対策しているのに相変わらず肌が汚い状態になっている場合は根本的に洗顔の方法が誤っていたり、使用している洗顔料やスキンケア用品などが適切ではない可能性が高いです。

まず、大切になるのはそもそも洗顔をする理由について考えてみるといった事であり、誤解される事が多いのは洗顔のみで毛穴の奥深い所にあるメイク汚れなどが取れるというものです。

実は洗顔をする意味というのは毛穴の中にある汚れを掻き出すために行うものではなく、あくまでのお顔の表面上に付着している埃や皮脂、花粉などを除去して清潔に保つ事を指します。

誤った認識として毛穴の奥深い所にある汚れまで掻き出すという考えが強く持たれているので、洗顔のみで全てを綺麗にしようとするため無意識的に強い力を込めてこすり洗いをしてしまい、尚一層肌が汚い見た目になってしまいます。

他にも表面を綺麗にする事のみに留まらず、表面上に余分なものが何も無い状態にする事によりクリームや化粧水が浸透させやすくなり、保湿剤の効能を無駄にさせないといった効果もあります。

そこで、整理して覚えておくとわかりやすいのはメイク汚れと角栓はクレンジング剤では除去する事ができるものの、洗顔では綺麗にする事ができないという事です。

一方、角質と花粉などはクレンジング剤では除去する事ができないものの、洗顔料では落とす事ができるといった違いがあるので個々の原因をしっかりと見極めて適切な対策を施さなければ効果が感じられなかったり、肌に負担を与えてしまうだけになります。

そして、男性に多いのが洗顔フォームを手に取った後まだ固形の状態であるのにそのまま顔に塗布して洗い始めてしまう事です。

人体の顔の表皮の厚みは料理などに使用するラップの1枚分程度の厚みしかないので、洗顔フォームであっても固形のままなすり付けてしまうと強い刺激物となり、手を動かす度に表皮に無数の傷を付けてしまう原因です。

そのため、手間に感じられたとしても毎回しっかりと濃密な泡を立てた上で、手と顔の間の泡だけで洗うようにし直接的に指が表皮に触れないように気を付けましょう。

濃密な泡を作るには比較的時間がかかる上に少しずつ水も加えていかなければならないので、男性の中にはやはり手間に感じる方が少なくないのですが、手間に感じられてしまう場合は100円ショップなどで安価かつ手軽に買い求められる泡立てネットを購入し使用するのが速やかに濃密な泡ができておすすめです。

-

Copyright© 女子chan! , 2018 All Rights Reserved.