白髪染めの種類はどんなものがある?成分やメリット、デメリットをご紹介!

抜け毛・薄毛・白髪の対策、予防と頭皮ケア

白髪染めの種類はどんなものがある?成分やメリット、デメリットをご紹介!

投稿日:

白髪染めの種類ですが、一般的によく流通しているのはヘアカラーのものになります。

ただ、白髪染めにはそれ以外にもさまざまな種類があります。

白髪染めの種類はヘアカラーとヘアマニキュア以外にもある

ヘアカラーの白髪染めは内部から白髪を染めることになるので落ちにくいのが特徴ですが、それ以外にもヘアマニキュアの白髪染めも存在します。

ヘアマニキュアタイプは髪の表面を染め上げるだけなので、髪が傷む心配もなく安心です。

他にもシャンプーやトリートメントタイプの物も販売されています。

毎日利用することで少しずつ白髪染めを行うことが出来ますし、肌にも優しいの多くの方が利用されておりおすすめです。

白髪染めには多くの成分が含まれており、1剤と2剤でも有効成分は異なります。

購入する時には成分を確認してから購入すると自分に合ったものを見つけることが出来るのでおすすめです。

 

白髪染めを使うメリットは?

次に白髪染めのメリットですが、一度染めてしまうと長持ちさせる事が出来るので、何度も染め直す必要がない所です。

髪の毛の全体を一度染めてしまえば、後から部分的に利用することもできるので手間もかかりません。

効果を長く感じることが出来ますし、上手に利用するとより長持ちさせることが可能です。

泡タイプの物も販売されていますので、自分で染める時にも簡単に利用することが出来るようになっています。

また他のメリットは白髪が無くなるので、年齢以上に老けて見られることもなく、若々しさを保つことが出来ます。

さらにドラッグストアなどでも販売されているので気軽に購入する事が出来るのもメリットの一つです。

大手メーカーの物であれば、良い成分が配合されたものが販売されているので、髪の毛が傷む心配もなく安心です。

髪を染め上げる事により、髪のボリューム感を出すことが出来るので、髪をより良く見せることが出来ます。

 

白髪染めは自分でやるのではなく美容院やってもらうのもオススメ

根本の白髪が目立ってくると部分的に染め上げる事が出来るので、一度染めてしまえば後は定期的に部分的に染めるだけで済むため、時間もかかりません。

美容院などでも行っており、自分で染めることに不安が感じることがある場合は美容院を利用するのがおすすめです。

 

白髪染めを使うデメリットは?

デメリットとしては、利用する前にパッチテストをしてからでないとアレルギー反応が起きてしまう可能性がある所です。

自分に合わない物を利用すると髪や肌にダメージを受けてしまい、かゆみや湿疹が発生する場合もあるので注意が必要になります。

また人気の商品が多く出ているので、どの商品を選べばよいのか直ぐに判断することが出来ないのもデメリットと言えます。

ドラッグストアでは多くの商品が取扱されているので、どれが良いのか判断することが難しい状態です。

インターネットなどを利用して評判を見てから購入すると迷う心配もなく安心できるのでおすすめです。

最後のデメリットは良い物ほど、価格が高く高額になる傾向になる所です。

高額の商品を利用すると効果を実感する事は出来ますが、コストパフォーマンスが悪くなるので注意が必要になります。

-抜け毛・薄毛・白髪の対策、予防と頭皮ケア

Copyright© 女子chan! , 2018 All Rights Reserved.