抜け毛・薄毛・白髪の対策、予防と頭皮ケア

女性ホルモンを促進するIGF-1成分ってなに?IGF-1の効果は?髪を増やすのに効果的?

投稿日:

IGF-1は女性ホルモンの分泌を促進させる働きがある成分として最近注目を集めています。

具体的にどのようなものかというと、IGF-1はアミノ酸からできたペプチドホルモンです。

構造がインスリンに似ているので、インスリン様成長因子1とも呼ばれています。

肝臓が成長ホルモンの刺激を受けることにより分泌されるホルモンで、細胞の成長の促進や傷ついた細胞の修復や再生などの働きがあります。

肝臓が成長ホルモンの影響を受けなければ分泌されないので、IGF-1と成長ホルモンは比例関係にあります。

IGF-1の基準値についてですが、年齢や性別によって下記のように異なります。

女性のIGF-1の基準値
・20歳の男性 142~470
・30歳の男性 109~303
・40歳の男性 94~263
・50歳の男性 87~245

男性のIGF-1の基準値
・20歳の女性 175~499
・30歳の女性 129~304
・40歳の女性 98~245
・50歳の女性 80~216

このように、年齢を重ねるにつれて成長ホルモンの分泌が減少すると、それに伴いIGF-1の分泌量も減少していきます。

体の老化現象とも深く関係しています。

【体の老化現象の例】

  • 頭皮環境の悪化による薄毛や抜け毛
  • たるみやしわやシミやざらつきやごわつきや毛穴の開きやくすみなどの肌の衰え
  • 体力や筋力や免疫力や代謝の低下
  • 脳の衰えによる記憶力や集中力の低下
  • 血管の衰えによる動脈硬化や高脂血症や糖尿病などの生活習慣病
  • 骨の衰えによる骨粗しょう症など

その中でも見た目の年齢に大きく影響してしまう体の老化現象といえば、薄毛や抜け毛ではないでしょうか。

薄毛や抜け毛の原因としては、食生活の乱れによる栄養の偏り、睡眠不足や不規則な生活リズムや喫煙、疲労やストレスの蓄積、誤った方法でのシャンプーなど様々なものがありますが、加齢によるホルモンバランスの乱れもその一つです。

薄毛や抜け毛の悩みは加齢に伴ってどんどん深刻なものになってしまいますので、なるべく早めに対策を行って頭皮環境を健やかに整えることが大切です。

そこで重要になってくるのがIGF-1です。

髪を増やす発毛効果も期待できる成分なので、頭皮の悩みを解決させるためにも必要不可欠なものです。毛根で細胞分裂を促進させて髪の毛を成長させることが出来ます。

IGF-1を増やすことが髪の発毛につながるので、増やすための対策を積極的に行うことが大切です。

具体的な対策方法についてですが、胃の知覚神経をするのが効果的なのでカプサイシンの摂取がおすすめです。

成長ホルモンを増やすことも有効な手段なので、健康的で規則正しい生活習慣を身につけることも大切です。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されますので、早めの就寝を心がけて良質な睡眠をとって分泌を促進させましょう。

栄養バランスのとれた質の良い食事を1日3食規則正しくとることや適度な運動を習慣づけることや生活リズムを規則正しく維持することも大切ですし、禁煙をしたり疲労やストレスを溜めこまないようにしたりすることも心がける必要があります。

 

-抜け毛・薄毛・白髪の対策、予防と頭皮ケア

Copyright© 女子chan! , 2018 All Rights Reserved.