若さを保ち、いつもの生活がもっと楽しくなる女性の応援サイト

女子chan!

白髪対策をしたい!20代・30代の女性に効く方法はなに?

抜け毛・薄毛・白髪の対策、予防と頭皮ケア

白髪対策をしたい!20代・30代の女性に効く方法はなに?

更新日:

医学的には「白毛症」という名称である白髪は老けて見られる原因にもなりますから、20代・30代の女性で髪の白さが目立つ状態ですと、鏡を見る度、憂鬱な気分になったりショックを受ける人も多いかもしれません。

特に近年は若い世代の女性の間で白髪に悩む人が急増中のようですから、予防対策や効果的な改善方法をお探しの女性も多いはずです。

20代と30代が白髪の原因は遺伝と生活習慣にある

白髪の原因は医学的に完全に解明されてはいないものの、病気による原因以外では遺伝の影響が大きいという説が有力でした。

ただ、現在は遺伝的要素だけではなく環境要因も影響すると考えられているので、まだそういった年齢ではないのに白毛が増え始めたという場合は普段の生活習慣が影響している可能性があります。

通常、髪の毛はメラノサイト(色素細胞)で作られた色素によって色付けされることで黒い色の髪の毛が作られますが、何らかの理由でそういった機能に問題が生じると、毛母細胞に色素が運ばれなくなり髪の毛が白くなってしまうというわけです。

 

20代と30代が白髪対策をする効果的な方法は?

そのため、20代・30代などまだ若い世代が髪の毛に色付けをする機能を保つためには、色素細胞を作る色素幹細胞、その色素幹細胞の活性化を促す毛包幹細胞が重要なカギとなり、これらの幹細胞が減少する原因と言われる遺伝子の損傷を防ぐ事が白髪対策に必要ということが研究により分かってきたのです。

色素幹細胞や毛包幹細胞が減少する原因と言われる遺伝子の損傷ですが、実は普段使用しているヘアケア製品にもその可能性があるので注意が必要です。

といいますのも、ヘアカラーや白髪染めなどに含まれている過酸化水素という成分には、細胞やDNAを傷つけ髪の毛を色付けるメラニン色素を破壊する働きがあるため、体内に蓄積しやすい性質を持つ過酸化水素を含むヘアケア製品には気を付ける必要があるからです。

さらに、過酸化水素を分解する働きは年齢と共に衰えていくため、過酸化水素が体内に蓄積されるような行為は避けなければなりません。

他にも、遺伝子の損傷に関わると言われているのが紫外線によるダメージです。特に遺伝子の損傷に大きく影響するのが紫外線B波であり8月に最も強くなると言われているので、最大強度となる時期などをしっかり踏まえた上で紫外線対策を行う事が重要です。

 

白髪対策には食べ物に注意するのも効果がある

また、東洋医学では血液不足が髪の毛の栄養供給を阻害しメラノサイトの機能低下を誘発するため白毛症の原因になると考えられており、女性は特に血液を体外に大量に放出する妊娠・出産の時期や閉経を迎える時期に髪の毛が白くなりやすいと言われています。

そのため、添加物を含む食品を避けるよう心がけたり、メラニン合成サポートをするビタミン・ミネラルや良質な水分を補給できる生野菜を積極的に摂取したいところですし、血流を悪くする運動不足を避け、血液のポンプ作用を高める足を使った運動も習慣づけるなどして血液の質や流れを良い状態に保つ必要があります。

白毛症対策に必要な栄養については他にも、メラニンの合成に必要な酵素の働きを活性化する成分を含む大豆や鶏卵、エビ・カニや貝類なども食事に取り入れたいところですし、食事だけではなく1日の消化・吸収・排泄のリズムもメラノサイトの働きの効率に影響してくると言われているので規則正しい生活を送る事も大切です。

色素細胞(メラノサイト)の活性化させるには良質な睡眠を取る事も効果的なので、睡眠環境を整え細胞の修復に理想的だとされる7時間前後の睡眠時間は確保しておく必要があるでしょう。

 

白髪対策にはリンパマッサージも効果がある

このように、20代・30代といった若い世代の白髪対策は日常の生活習慣を見直すことが予防・改善につながります。

加えて、色素を作るメラノサイトの活性化には首のリンパマッサージや頭皮マッサージが滞りやすい頭皮の血流を促し効果的だと言われているので、毛細血管の破壊しない程度に優しくマッサージしてあげるのも有効な対策の一つです。

-抜け毛・薄毛・白髪の対策、予防と頭皮ケア

Copyright© 女子chan! , 2017 All Rights Reserved.