ニオイ・体臭対策

顔や頭に汗をかかない方法とは?オススメの汗の止め方とは?

投稿日:

顔や頭から汗が流れだしていると、本人だけではなく周りの人にまで不快なイメージを与えてしまうことがあります。

自宅などにいる場合はその都度シャワーなどを浴びれば汗を流せますが、仕事や外出中などではそのような対策はできません。

タオルなどで拭き取るのもよい方法ですが、流れ出てくる状況は変わらないことが多くなります。

なぜ汗は出るの?まずは仕組みを理解しよう!

汗は体中から流れ出てくるのが人間の大きな特徴で、汗が流れる主な目的は熱くなった体を冷やすための体温調節です。

体の中にたまった熱を、体の外に蒸発する時に逃がして冷やすのが特徴になります。

体のどの部分から流れだしても不快な気分になりやすくなりますが、頭などから多くでてくる場合はストレスとして感じることが少なくありません。

 

頭や顔の汗が止まらないのは多汗症が原因!?

このような部分から多く流れ出てくる場合は、局所多汗症と呼ばれる症状の可能性があるので注意が必要です。

この症状は、会議や講演会などで発表する時の緊張や集中しすぎている場合に多く見られます。

温度の変化にも敏感な場合は、エアコンの効いた室内などから外に出るだけでも髪の毛などを濡らすほど流れることも珍しくありません。

運動不足気味の人は、体の中にある汗腺が衰えてしまうことが多く見られます。

 

運動不足の人も汗かきになるので注意!

汗腺が衰えてしまうと、体が熱くなった時の体温調節が上手にできません。

毎日の生活で出にくくなるのが特徴で、温度変化などが激しくなると一度に大量に流れ出てくることがあります。

運動不足が原因になっている場合は、軽いジョギングなどをすることが汗をかかない方法の一つです。

毎日ジョギングなどの軽い運動を続けていけば、体の中にある衰えてしまった機能を改善することが期待できます。

体温調節が上手にできるようになるため、一度に大量に流れ出てくることを防ぐことが可能です。

毎日適度に運動をしていくことが、おすすめの汗をかかない方法になります。

 

汗で悩む人はエアコンの設定温度にも注意しましょう

仕事などで長い時間エアコンの効いている室内にいると、体温調節が上手くできない体質になってしまうので注意しましょう。

体の機能が衰えてしまうので、一気に大量に流れ出てしまうことが少なくありません。

体の機能を高めるためには、エアコンの効き過ぎに注意することが大切です。

効きすぎの場合はエアコンの設定温度の見直しが必要になります。

設定温度を高くすると、体温調節をするようになり機能を改善することが可能です。

低くなりすぎているエアコンの温度設定を高くすることも、体の機能を改善できるおすすめの汗をかかない方法になります。

 

室内で汗をかかないオススメの方法

汗をかかない方法では、首の裏などを冷やしてあげるのも効果的です。

首筋を冷やしてあげると、脳が涼しいと感じるのが大きな特徴になります。

熱さを感じにくくなるため、大量に流れ出てくることを止めることを期待することが可能です。

冷やす方法はとても簡単で、市販されているペットボトルのジュースやタオルを水で濡らして首に充てるだけでできます。

 

外出先で汗をかかないオススメの方法

ペットボトルのジュースなどでも、約3度程度も体の体感温度を下げることが可能です。

外出中でもできる、おすすめの汗をかかない方法の一つになります。

おすすめの方法には、ツボを押すのも手軽にできる方法です。

両手でツボを親指などで刺激すると、顔や頭から流れ出てくるのを少なくすることが期待できます。

 

制汗スプレーは顔や頭にも使えるものかをきちんとチェック

外出中で洋服の上からできるので、手軽のできる対策方法です。市販されている制汗スプレーなどを使用するのも、手軽にできる対策になります。

簡単に汗を止めることが期待できますが、顔や頭などに使用する場合は注意が必要です。

製品の中には、頭や顔に使えないものも少なくありません。

特に顔の皮膚はデリケートなので、気をつけなければ肌荒れなどを発症させてしまい危険です。

市販されている利用する時は説明書などをよく読み、顔や頭などに使える製品を選ぶことが大切になります。

-ニオイ・体臭対策

Copyright© 女子chan! , 2018 All Rights Reserved.